東京 • 蒲田駅近くの英語音楽教室/ピアノ•ジャズ•バイオリン

 

       03-3735-6455         Mail    

ジャズピアノ

 

ジャズピアノはとても楽しいですが、同時にとても難しく、もどかしくもあります。ベース、ハーモニー、メロディーという3つの重要なパートを弾きつつリズムを保たなければならないからです。例えばジャズサックスでしたら、メロディーのみを演奏します。ジャズベースでしたら、ベースラインのみです。でもジャズピアノはメロディーとベースラインを弾きつつ、ハーモニーも弾かなければなりません。始めはこれがとても難しく感じると思います。これが、私が3人制のジャズレッスンを始める事にした理由なのです。

 

このクラスではジャズピアノに必要な3つの要素(メロディー、ハーモニー、ベース)を3人の生徒さんそれぞれに弾いていただくので、自分のパートに集中する事が出来ます。自分一人でジャズピアノが弾けるようになるまでには通常何年もの練習が必要ですが、こちらのグループレッスンでは弾き始めからジャズを楽しんで頂けます!

 

ジャズの個人レッスンよりもグループレッスンのほうがもっと楽しいし、やりがいのある演奏の方法だと当教室は信じています。

 

このクラスで習う事

ジャズアレンジ:講師はクラスのために特別に3人用の曲をアレンジします。あたかもバンドのような感じです。生徒さんからのリクエストには出来る限り応えて、曲に組み込みます。講師と生徒さんが一緒にアイデアを出し合ってアレンジ(編曲)もします。

 

ジャズハーモニー

様々なタイプのハーモニー(和声)があるので、効果的な練習方法をお伝えします。そしてもっとハーモニーについての知識を広げて頂きます。

 

即興

「即興」と聞くと驚いてしまう方も少なくないですが、これも楽しい演奏の方法です。クラスでは誰にでも簡単に出来る基本的な即興の方法からはじめ、段々難しい方法を習います。ジャズの真髄は即興にあります!

 

ベースライン

ベースの役割を理解するのはジャズの構造を理解する上でとても大切です。クラスではベースラインの作り方を学び、アンサンブル演奏で演奏もして頂きます。

 

アンサンブル

ジャズで一番楽しい事は、なんといっても演奏中に起こる演奏者同士の音的会話です。これはどう頑張っても一人では出来ません。ソロレッスンでジャズを学んだ方が良いという講師の方もいらっしゃいますが、当教室では、始めは一人でジャズを学ぶよりアンサンブルの一員として学んだ方がより効果的で、より楽しいと強く思っています。ジャズは他の演奏者とのやり取りが醍醐味なのです。そしてアンサンブルに慣れてきたら、自分一人でもジャズを弾きやすくなると思います。

 

リズム

クラシックのリズムに慣れている生徒さんはジャズのリズムに慣れるのが難しいと思いますが、ジャズのリズムとグルーヴの練習は大切な事です。スイング、ファンク、ラテン、バラード等の音楽で様々なリズムの種類を学びます。

 

料金

個人レッスン

固定プラン

月3回(30分)¥12,800

月3回(40分)¥16,900

フレックスプラン(平日10:00-15:00/19:00以降)

月2回(40分)¥11,300

月2回(60分)¥15,300

 

入会金¥12,000

税込価格

  • c-facebook

Jacob's International Music School 

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now